2019.7.26 よる9時〜10時54分放送

ナイト ミュージアム

2006年制作 アメリカ映画 字幕 二か国語

みんなの評価:★★★★★

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレックも登場!
不思議で愉快な博物館にようこそ!!
画像

もしも博物館の展示物が動き出したら…!
恐竜の化石が走り回り、モアイ像がガムを噛む!?

大ヒットアドベンチャーシリーズの第1作が登場!物語の舞台は、NYの自然史博物館。失業中でバツイチのラリーは、愛する息子の信頼を取り戻すために博物館の夜警として働くことに。しかし、夜になると展示物が勝手に動き始めて…!? キュートなティラノサウルスにガムが好きなモアイ像、恋するルーズベルト大統領など館内狭しと大騒ぎ!中でも注目は、古代エジプトの王子・アクメンラー。演じているのは、社会現象を巻き起こした大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック。ほかにもロビン・ウィリアムズなど名優たちがせいぞろい!笑いと感動があふれたドキドキワクワクの大ヒットファンタジー!

ストーリー

恐竜もミニチュアもすべてが動き出す!
その影に潜む陰謀にダメ男が立ち向かう!!
画像

バツイチで失業中のラリー(ベン・スティラー)は、何をやってもうまくいかない男。ある時、元妻から再婚が決まったと知らせが来る。息子のニッキー(ジェイク・チェリー)と会わないでほしいと言われたラリーは定職に就こうと決心し、自然史博物館の夜間警備員として働くことに。ラリーを出迎えた先輩警備員のセシル(ディック・ヴァン・ダイク)やガス(ミッキー・ルーニー)、レジナルド(ビル・コッブス)から引き継ぎを受けて仕事に臨むが、しばらくして早速居眠りを始める…。ラリーが居眠りから目覚めると、博物館内のティラノサウルスの骨格模型が動き出した!!

画像

恐竜に追いかけられたり、モアイ像にからかわれたり、ミニチュア人形に囚われるなど散々な目にあうラリー。ろう人形のテディ・ルーズベルト大統領(ロビン・ウィリアムズ)に助けられ、なんとか一晩をやり過ごしたラリーは、博物館のガイドのレベッカ(カーラ・グギーノ)の助けを得て2日目の夜に向けて猛勉強を開始。しかしその夜も、猿のデクスターのイタズラのせいで館内は大変なことになってしまい…。仕事をクビになりそうなところを許してもらったラリーは、動き回る展示物を見せようとニッキーを夜の博物館に呼ぶことに。しかし、その影ではラリーが予想もしていない陰謀が動き始めていた!!

キャスト/スタッフ

出演

<ラリー・デリー>
ベン・スティラー(檀臣幸)

<テディ・ルーズベルト>
ロビン・ウィリアムズ(岩崎ひろし)

<レベッカ
カーラ・グギーノ(高乃麗)

<セシル>
ディック・ヴァン・ダイク(中村正)

<ガス>
ミッキー・ルーニー(永井一郎)

<レジナルド>
ビル・コッブス(坂口芳貞)

<ニック・デリー>
ジェイク・チェリー(千葉翔也)

<マクフィー博士>
リッキー・ジャーヴェス(佐藤晴男)

<エリカ・デリー>
キム・レイヴァー(山崎美貴)

<アッティラ・ザ・フン>
パトリック・ギャラガー

<アクメンラー>
ラミ・マレック(小森創介)

<サカジャウィア>
ミズオ・ペック(本田貴子)

<オクタヴィウス>
スティーヴ・クーガン(水野龍司)

スタッフ

<監督>
ショーン・レヴィ

<製作>
ショーン・レヴィ 
クリス・コロンバス 
マイケル・バーナサン

<製作総指揮>
トーマス・M.ハメル 
アイラ・シューマン 
マーク・ラドクリフ

<音楽>
アラン・シルヴェストリ

オススメコンテンツ