2019.6.7 よる9時〜11時29分放送

美女と野獣

2017年制作 アメリカ映画 字幕 二か国語 地上波初放送

美女と野獣 みたい!8415押してね! 予告動画を見る
みんなの評価:★★★★★

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

ディズニー不朽の名作を完全実写化
エマ・ワトソン主演の超話題作が地上波初放送!
画像

永遠に語り継がれる“真実の愛”の物語
これぞまさにラブストーリーの王道

空前のスケールで待望の実写映画化!ディズニー最新作「アラジン」が、6月7日から公開!その公開当日、2017年の映画興行収入ランキングで断トツ1位に輝いた大ヒット作が登場だ。物語の主人公は、聡明で美しい女性・ベル。魔女の呪いにより野獣に姿を変えられた孤独な王子と出会った彼女は、いつしか彼と心を通わせるようになり…。美しい映像世界に、一度聴いたら忘れられない名曲の数々、ユニークなキャラクターなどディズニー映画の魅力がたっぷり詰まった名作中の名作。「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソンをはじめとする豪華実力派キャストが集結。

ストーリー

醜い野獣に姿を変えられた王子
彼の魔法を解くカギは、純粋な愛だけ…
画像

ある城に、若く美しく傲慢な王子(ダン・スティーヴンス)が住んでいた。ある日の夜、城に1人の老婆がやってくるが王子は老婆を邪険に扱う。ところが老婆は美しい魔女(ハティ・モラハン)に姿を変え、城に呪いをかけてしまう。王子は醜い野獣に、使用人たちは家財道具に変えられる。魔法のバラの花びらがすべて落ちるまでに誰かを心から愛し、愛されなければ、永遠に醜い野獣のまま…。その城と美しい王子の存在が忘れられてから、長い時が過ぎる…。ベル(エマ・ワトソン)は、発明家の父・モーリス(ケヴィン・クライン)と暮らす美しく聡明な女の子。腕力だけが自慢の村の人気者・ガストン(ルーク・エヴァンス)からアプローチを受けているが、ベルは彼には魅力を感じず、求婚を断り続けていた。

画像

そんなある日、市場からの帰りに野獣の城に迷い込んだモーリスが行方不明に。父を探して城を訪れたベルはモーリスに代わって自らが捕らわれの身となる。家財道具に姿を変えられていた使用人たちは、ベルが魔法を解く“カギ”となるのではないかと大ハリキリ。野獣とベルが結ばれるよう手を尽くすが、ベルは野獣とぶつかり合い、城を飛び出してしまう。しかし外は危険な森。狼に襲われたベルを助けようとした野獣は深い傷を負い、ベルは再び城へ戻ることに。共に過ごす中で、野獣の優しさと聡明さに惹かれていくベル。野獣もベルに心を開いていくが…。

キャスト/スタッフ

出演

<ベル> 
エマ・ワトソン(昆夏美)

<野獣> 
ダン・スティーヴンス(山崎育三郎)

<ガストン> 
ルーク・エヴァンス(吉原光夫)

<ル・フウ> 
ジョシュ・ギャッド(藤井隆)

<モーリス> 
ケヴィン・クライン(村井國夫)

<アガット/魔女> 
ハティ・モラハン(戸田恵子)

<ルミエール> 
ユアン・マクレガー(成河)

<コグスワース> 
イアン・マッケラン(小倉久寛)

<ポット夫人> 
エマ・トンプソン(岩崎宏美)

<チップ> 
ネイサン・マック(池田優斗)

<マダム・ド・ガルドローブ> 
オードラ・マクドナルド(濱田めぐみ)

<カデンツァ> 
スタンリー・トゥッチ(松澤重雄)

<プリュメット> 
ググ・バサ=ロー(島田歌穂)

スタッフ

<監督> 
ビル・コンドン

<脚本> 
ステファン・チボスキー AND エヴァン・スピリオトプロス

<歌曲・作曲> 
アラン・メンケン

<作詞> 
ハワード・アシュマン AND ティム・ライス

<製作総指揮> 
ジェフリー・シルバー トーマス・シューマッハ ドン・ハーン

オススメコンテンツ