2018.8.3 よる9時〜11時24分放送

オデッセイ

アメリカ映画 二ヶ国語 字幕 地上波初放送

オデッセイ
みんなの評価:★★★★★
みたい!11015押してね!

作品情報をシェアしてポイントをGET!

シェアするには金曜ロードシネマクラブへの登録・ログインが必要です。

ココがみどころ!!

まさかの火星でひとりぼっち…
水無し!交信手段無し!食糧は31日分のみ!
画像

生きて地球に還りたい!仲間を助けたい!
何があっても諦めない心が、奇跡を起こす!!

今年7月31日に火星が地球に最接近します。6,000万㎞以内に接近するのは、2003年以来15年ぶり!もしこの火星に一人取り残されてしまったら…!? マット・デイモン主演&リドリー・スコット監督&NASA全面協力で制作されたサバイバル超大作が地上波初放送だ。主人公は、火星での探査ミッション中に嵐に巻き込まれ、火星に置いて行かれた男・マーク。次に人類が火星に来るのは4年後…。生きて還ると心に決めたマークは、水も酸素もない土地で、わずかな食料と自らの知識と経験を武器に、厳しいサバイバルに挑むことに。マークと、NASAのスタッフ、そして火星調査隊の仲間たちを結びつけるのは、互いを信じる思い。地球の70億人が固唾をのんで見守る中、あらゆる挑戦の先に奇跡が起こる!

ストーリー

生きて還る為、水を作り出し食料を育てる…
決して諦めない男の奇跡のサバイバル・ストーリー
画像

植物学者のマーク(マット・デイモン)は、火星の有人探査ミッション<アレス3>のクルーの一員。ある日、火星で視界がゼロになるほどの大嵐が襲い、船長のメリッサ(ジェシカ・チャステイン)はミッションの中断を決意。しかし退避中、マークに通信アンテナが激突してしまう…。クルーはマークが死んだと判断し、火星を飛び立っていった。

画像

連絡を受けたNASAの長官・サンダース(ジェフ・ダニエルズ)はマークの死亡を発表。葬儀も執り行われるが、マークは奇跡的に命を取り留めていた。人工居住施設・ハブに戻り大嵐の際に負った傷を自力で治療したマークは、次の探査機が来る4年後まで生き延び地球に還ることを決意。不毛の地・火星で必要なものは、食料と水。嵐で倒れたソーラーパネルを整備して電力を確保したマークは、ありったけの知識を駆使し土と肥料、水を作り出し、ジャガイモの育成に成功。次は地球と通信する手段を確保し、自分の置かれた状況を伝えようと奔走する。その頃、マークが生存していることを知った火星ミッションの責任者・カプーア(キウェテル・イジョフォー)はマークの救出に向けてNASAと行動を開始。救出計画が軌道に乗り始めるが、火星で事故が発生…さらに急ピッチで作られたNASAの食糧補給機も打ち上げに失敗。マークは絶体絶命のピンチに陥ってしまう!

キャスト/スタッフ

出演

<マーク・ワトニー> 
マット・デイモン(神奈延年)

<メリッサ・ルイス> 
ジェシカ・チャステイン(林真里花)

<アニー・モントローズ> 
クリステン・ウィグ(加藤有生子)

<テディ・サンダース> 
ジェフ・ダニエルズ(郷田ほづみ)

<リック・マルティネス> 
マイケル・ペーニャ(石上裕一)

<ミッチ・ヘンダーソン> 
ショーン・ビーン(磯部勉)

<ベス・ヨハンセン> 
ケイト・マーラ(白川万紗子)

<クリス・ベック> 
セバスチャン・スタン(浜田賢二)

<アレックス・フォーゲル> 
アクセル・ヘニー(志賀麻登佳)

<ビンセント・カプーア> 
キウェテル・イジョフォー(志村知幸)

<ブルース・ン> 
ベネディクト・ウォン(魚建)

<ミンディ・パーク> 
マッケンジー・デイヴィス(東條加那子)

<リッチ・パーネル> 
ドナルド・グローヴァー(岡井克升)

スタッフ

<監督> 
リドリー・スコット

<脚本> 
ドリュー・ゴダード

<原作> 
アンディ・ウィアー

<製作> 
サイモン・キンバーグ,p.g.a. 
リドリー・スコット,p.g.a. 
マイケル・シェイファー,p.g.a. 
アディティア・スード 
マーク・ハッファム

<製作総指揮> 
ドリュー・ゴダード

<音楽> 
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ