2018.6.22 よる9時〜10時54分放送

ファインディング・ドリー

アメリカ映画 本編ノーカット 二か国語 地上波初放送

ファインディング・ドリー
みんなの評価:★★★★★
みたい!22572押してね!

作品情報をシェアしてポイントをGET!

シェアするには金曜ロードシネマクラブへの登録・ログインが必要です。

ココがみどころ!!

ディズニー・ピクサーの大ヒット作
笑いと涙の物語が地上波最速!初放送
画像

パパとママに会いたい…忘れん坊のドリーが
仲間たちと冒険の旅へ、いざ出発!

2週連続ディズニー映画。第2弾は、ディズニー・ピクサー作品の冒険ファンタジーが登場!
物語は、何でもすぐに忘れてしまうドリーがある日突然幼い日に生き別れた両親の記憶を「思い出す」ところからスタート。「パパとママに会いたい・・・!」ドリーは仲間と共に大切な家族を探す旅へ出発する!! 旅の相棒は、友達のカクレクマノミのニモとマーリン親子。しかしたどり着いた先は海の生き物達にとって禁断の《人間の世界》だった・・・。
そこでドリーはかくれんぼが得意のタコのハンク、泳ぎが苦手なジンベエザメのデスティニー、自分に自信がないシロイルカのベイリーなど愉快な新しい仲間たちと出会う。
仲間たちと協力しながら困難に立ち向かい、一生懸命大切な家族を探すドリーの姿は子どもを持つご両親、そしてかつて子どもだった全ての大人たちがきっと共感出来る心温まる作品だ。

ストーリー

突然よみがえった幼い頃の記憶をもとに
ドリーは家族を求めてカリフォルニアへ!
画像

カクレクマノミのマーリン(木梨憲武)と息子のニモ(菊地慶)親子と仲良く暮らしているナンヨウハギのドリー(室井滋)は、大切なことでもすぐに忘れてしまうのが悩み。しかしある日、激流に飲み込まれた瞬間、幼いころに“激流”に巻き込まれ、両親とはぐれてしまったことを思いだす。両親と暮らしていた場所は“カリフォルニア州のモロ・ベイの宝石”…。わずかな手がかりを思い出したドリーは、家族を探す旅へ出ることに!慎重で臆病なマーリンは猛反対するが、大切な家族と一緒にいられない辛さをよく知る彼はニモを連れ、ドリーと共にカリフォルニアへと旅立つ。

画像

ドリーは旅の途中、幼いころの様々な記憶を取り戻していくが、カリフォルニアに着いてすぐに、ドリーは人間に捕えられてしまう!! ドリーが連れていかれた場所は、海の生き物を保護し、展示している「海洋生物研究所」、別名“モロ・ベイの宝石”。自分がこの研究所で生まれたことを知ったドリーは、新しい仲間の変装の達人、タコのハンク(上川隆也)と一緒に両親を探すことに。そしてドリーは、幼い頃に“親友”だったジンベエザメのデスティニー(中村アン)と偶然再会し、両親の住む場所を教えてもらう。一方、なんとか研究所の中に入り込んだマーリンとニモは、ドリーの行方を捜すのだが…。

キャスト/スタッフ

声の出演

<ドリー> 
室井滋(エレン・デジェネレス)

<マーリン> 
木梨憲武(アルバート・ブルックス)

<ニモ> 
菊地慶(ヘイデン・ローレンス)

<ハンク> 
上川隆也(エド・オニール)

<デスティニー> 
中村アン(ケイトリン・オルソン)

<ベイリー> 
多田野曜平(タイ・バーレル)

<フルーク> 
玄田哲章(イドリス・エルバ)

<ラダー> 
チョー(ドミニク・ウエスト)

<エイ先生> 
赤坂泰彦(ボブ・ピーターソン)

<ベッキー> 
     (トービン・ブロック)

<クラッシュ> 
小山力也(アンドリュー・スタントン)

<スクワート> 
大河原爽介(ベネット・ダマン)

<ジェニー> 
高島雅羅(ダイアン・キートン)

<チャーリー> 
牛山茂(ユージン・レヴィ)

スタッフ

<監督> 
アンドリュー・スタントン

<共同監督> 
アンガス・マクレーン

<脚本> 
アンドリュー・スタントン 
ヴィクトリア・ストラウス

<製作総指揮> 
ジョン・ラセター

<製作> 
リンジー・コリンズ

<音楽> 
トーマス・ニューマン