2017.11.10 よる9時〜11時24分放送

ハリー・ポッターと謎のプリンス

アメリカ映画 字幕 二ヶ国語放送 30分拡大

ハリー・ポッターと謎のプリンス
みんなの評価:★★★★★
みたい!18112押してね!

作品情報をシェアしてポイントをGET!

シェアするには金曜ロードシネマクラブへの登録・ログインが必要です。

ココがみどころ!!

「ハリー・ポッターの秋」第四弾
未来を救うカギは過去にある!?
画像

ハリー・ポッター16歳…抑えきれない思い
恋の行方と衝撃のラストを見逃すな!!

闇の帝王・ヴォルデモートの脅威はついに人間界にまで…!ハリーは彼を倒すため、彼の過去を探ることに…。 魔法魔術学校6年生、16歳の青年に成長したハリーの戦いの日々を描くシリーズ第6弾が登場。ヴォルデモートの過去を知る元教師・スラグホーンに接近し、彼の秘密を聞き出そうとするハリーとダンブルドア。ハリーはヴォルデモートの弱点を探り当てるが、ヴォルデモートもホグワーツを崩壊させるべく罠を張り巡らせていた…!! ハリーとヴォルデモートの闘いが過酷さを増す一方、ハリー、ロン、ハーマイオニーの恋にも新たな展開が!ロンの妹・ジニーとハリーとの純愛と、“惚れ薬”が引き起こすロンのドタバタ恋愛劇の行方は…!? 様々な思いが交錯する衝撃のラストは見逃せない!!

ストーリー

ホグワーツ魔法魔術学校が崩壊-!?
闇の帝王との壮絶な戦いの果てに待つのは…!!
画像

闇の帝王・ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)の脅威は、魔法界だけでなく人間界にも影響を及ぼし始めた。夏休み中のハリー(ダニエル・ラドクリフ)の元を訪れたダンブルドア(マイケル・ガンボン)は、かつてホグワーツで教鞭を取っていたスラグホーン(ジム・ブロードベント)の自宅へ。彼から“闇の帝王”誕生にまつわる秘密を聞き出すため、ダンブルドアは魔法界のスターであるハリーをエサにスラグホーンを学園に呼び戻すことにしたのだ。

画像

かつてホグワーツを代表する優等生で、スラグホーンのお気に入りだったトム・リドル。利発な彼が、闇の帝王・ヴォルデモートとして君臨するまでにはどんなことが起きていたのか? 隠された秘密をスラグホーンから聞き出そうとしたハリーは、時を同じくして「半純血のプリンス」という署名の入った教科書を手に入れる。教科書の内容を誰よりも深く理解し、独自の解釈を加えている天才・半純血のプリンスに惹きこまれていくハリー。そんな中、ハリーはロン(ルパート・グリント)の反発を受けながらも彼の妹・ジニー(ボニー・ライト)と急接近。ロンはロンで同級生のラベンダー(ジェシー・ケイブ)の熱烈なアタックを受けることになるのだが、そんな様子を見たハーマイオニー(エマ・ワトソン)は…!?

キャスト/スタッフ

出演

<ハリー・ポッター> 
ダニエル・ラドクリフ(小野賢章)

<ロン・ウィーズリー> 
ルパート・グリント(常盤祐貴)

<ハーマイオニー・グレンジャー> 
エマ・ワトソン(須藤祐実)

<ホラス・スラグホーン> 
ジム・ブロードベント(森功至)

<ベラトリックス・レストレンジ> 
ヘレナ・ボナム=カーター(髙乃麗)

<ルビウス・ハグリッド> 
ロビー・コルトレーン(斎藤志郎)

<アルバス・ダンブルドア> 
マイケル・ガンボン(永井一郎)

<セブルス・スネイプ> 
アラン・リックマン(土師孝也)

<ミネルバ・マクゴナガル> 
マギー・スミス(谷育子)

<ドラコ・マルフォイ> 
トム・フェルトン(三枝享祐)

<ルーナ・ラブグッド> 
イバンナ・リンチ(三村ゆうな)

<ジニー・ウィーズリー> 
ボニー・ライト(高野朱華)

<ラベンダー・ブラウン> 
ジェシー・ケイブ(宇野あゆみ)

<11歳のトム・リドル> 
ヒーロー・ファインズ・ティフィン(小林翼)

<16歳のトム・リドル> 
フランク・ディレイン(福山潤)

<フィリウス・フリットウィック> 
ウォーウィック・デイビス(田村錦人)

<ワームテール> 
ティモシー・スポール

<リーマス・ルーピン> 
デイビッド・シューリス(郷田ほづみ)

<モリー・ウィーズリー> 
ジュリー・ウォルターズ(一龍齋貞友)

<アーガス・フィルチ> 
デイビッド・ブラッドリー(青野武)

<アーサー・ウィーズリー> 
マーク・ウィリアムズ(梅津秀行)

<フレッド・ウィーズリー> 
ジェイムズ・フェルプス(尾崎光洋)

<ジョージ・ウィーズリー> 
オリバー・フェルプス(尾崎光洋)

<ニンファドーラ・トンクス> 
ナタリア・テナ(日野未歩)

<ケイティ・ベル> 
ジョージーナ・レオニダス(藤村歩)

<ナルシッサ・マルフォイ> 
ヘレン・マクローリー(佐藤しのぶ)

<フェンリール・グレイバック> 
デイブ・レジェノ(江川央生)

スタッフ

<監督> 
デイビッド・イェーツ

<製作> 
デイビッド・ヘイマン 
デイビッド・バロン

<脚本> 
スティーブ・クローブス

<原作> 
J.K.ローリング

<製作総指揮> 
ライオネル・ウィグラム

<共同製作> 
ジョン・トレイ

<撮影> 
ブリュノ・デルボネル,A.F.C., A.S.C.

<美術> 
スチュアート・クレイグ

<編集> 
マーク・デイ

<音楽> 
ニコラス・フーパー

<衣装> 
ジャニー・ティマイム

<視覚効果監修> 
ティム・バーク

<特殊メイク&クリーチャー・デザイン> 
ニック・ダドマン