2017.1.27 よる9時〜11時19分放送

耳をすませば

日本映画 HD放送 解説放送 字幕 ノーカット放送

耳をすませば
みんなの評価:★★★★★
みたい!46押してね!

作品情報をシェアしてポイントをGET!

シェアするには金曜ロードシネマクラブへの登録・ログインが必要です。

ココがみどころ!!

あなたの人生に刻まれる忘れられない映画体験を
「冬もジブリ」 全人類必見の青春物語をノーカット放送!
画像

夢を追いかけよう。好きな人には、好きって言おう。
純粋で真っすぐな女の子の成長物語

「3週連続 冬もジブリ」。ラストは、柊あおいの少女マンガを元に宮崎駿が脚本を執筆、近藤喜文が初監督を務めたジブリ史に残る青春物語だ。主人公は、本が大好きな少女とバイオリン職人を目指す少年。進路に悩み、恋に戸惑いながら未来に向かって正直に進んでいこうとする少年少女たちの姿が清々しく描かれる。夢を追いかけよう、自分に素直に生きよう、好きな人がいたら告白しよう…という気持ちにさせられる、ピュアな気持ちがつまった名作中の名作だ!

ストーリー

図書カードにいつも書いてある気になる名前…
進路に悩み、恋に戸惑う少女の等身大な物語
画像

中学3年生の夏休みを前にした雫(本名陽子)には、最近気になっていることがある。図書館で本を借ると、必ず図書カードに「天沢聖司」という名前が書いてあるのだ。名前しか知らないけれど、読書家で自分と本の好みが似ている男の子…。雫が彼に恋にも似たほのかな想いを抱きはじめていたある日。同級生の聖司(高橋一生)とサイアクな出会いを果たした雫は、偶然迷い込んだアンティークショップ「地球屋」で彼と再会。無神経な聖司から、「地球屋」の主人・司朗(小林桂樹)や店に置いてあったロマンティックな仕掛け時計、猫の人形・バロンとの“出会い”まで台無しにされたような気分になってしまう。

画像

そして新学期。クラスメイトの杉村(中島義実)に恋する親友の夕子(佳山麻衣子)の想いを成就させようとした雫は、逆に杉村から告白されてしまう。戸惑った気持ちのまま「地球屋」に向かうと、そこに聖司が現れる。聖司は、親の反対を受けながら祖父の司朗の元でバイオリン職人になるための修行を積んでいるのだという。そこで、図書カードに名前を残していたのが彼だと知った雫は衝撃を受けるが、夢に向かって真っすぐ進んでいく姿に少しずつ惹かれていく。そんな中、聖司は自分の力を試すためにイタリアに短期留学することになる。彼においていかれてしまうような焦燥感の中、雫は「物語」を書いてみようと決意するのだが!?

キャスト/スタッフ

声の出演

<月島雫>  
本名陽子

<天沢聖司>  
高橋一生

<月島靖也(雫の父)>  
立花隆

<月島朝子(雫の母)>  
室井滋

<バロン>  
露口茂

<西司朗(地球屋主人)>  
小林桂樹

<月島汐>  
山下容莉枝

<高坂先生>  
高山みなみ

<原田夕子>  
佳山麻衣子

<杉村>  
中島義実

<絹代>  
飯塚雅弓

<ナオ>  
千葉舞

スタッフ

<製作総指揮>  
徳間康快

<製作>  
氏家齊一郎  
東海林隆

<原作>  
柊あおい(集英社刊)

<脚本・絵コンテ>  
宮崎駿

<監督>  
近藤喜文

<制作>  
山下辰巳  
大塚勤

<音楽>  
野見祐二

<主題歌>  
「カントリー・ロード」  
原題  
 “Take Me Home, Country Roads”  
作詞・作曲  
 Bill Danoff, Taffy Nivert and John Denver  
日本語訳詩 鈴木麻実子  
補作 宮崎駿  
編曲 野見祐二  
唄 本名陽子  
(徳間ジャパンコミュニケーションズ)

<挿入歌>  
「カントリー・ロード」  
原題  
 “Take Me Home, Country Roads”  
作詞・作曲  
 Bill Danoff, Taffy Nivert and John Denver  
唄 Olivia Newton-John(東芝EMI)

<作画監督>  
高坂希太郎

<美術監督>  
黒田聡

<特殊効果>  
谷藤薫児

<撮影監督>  
奥井敦

<音響監督>  
浅梨なおこ

<プロデューサー>  
鈴木敏夫

<製作プロデューサー>  
宮崎駿