ニュース&コラム

放送作品
2019.7.4

7500人の中からスパイダーマンに抜擢されたトム・ホランド!彼のアクションスキルの秘密や監督が驚いた演技のポイントなど徹底解説します!

今週7/5(金)は世界中で愛されているスーパーヒーロー、スパイダーマンの新たなる物語が地上波初放送!!高校生の新米ヒーローの成長物語「スパイダーマン:ホームカミング」を放送します。
お調子者の高校生・ピーター・パーカーはスクールライフをエンジョイする傍ら放課後はヒーロー活動に明け暮れる毎日。そんな彼の前に立ちはだかるのは、強力な武器を持ち空飛ぶスーツを身に着けた“バルチャー”こと、トゥームス。果たしておっちょこちょいの新米ヒーローは一人前のスーパーヒーローになれるのか!?
今回はそんな高校生スパイダーマン、ピーター・パーカーを演じたトム・ホランドについて徹底解説します!

①7500人の中から抜擢された、ピーター・パーカーそのもののようなトム・ホランド

スパイダーマン:ホームカミングのワンシーン

今回のスパイダーマンのオーディションでは、これまでずっとマーベルの映画を手がけてきたキャスティングディレクターのサラ・フィンが7500人くらいの子役の応募に目を通し、色々と探し回りましたが、その中でもトム・ホランドは抜きん出ていました。
その後、「何人かの子役をテストした上で彼をロバート・ダウニーJr.と一緒にスクリーンテストしたら、もう彼こそが適役だって分かった。」とプロデューサーのエリック・ハウザーマン・キャロルは語っています。ロバート・ダウニーJr.は当時のことを「きっと、僕がトニー・スターク役のオーディションを受けてた頃みたいに、山ほどスクリーン・テストをやらされて大変なんだろうとも思ったけどさ。トムとはそんなプロセスの最終段階でやっと会えて、素晴しいヤツだと感じたけど、やっぱり彼に決まったね。」と話しています。
リズ役のローラ・ハリアーはトム・ホランドについて「トムは、スパイダーマンそしてピーターそのものよ。超賢いし、それでいて物静かでのんきなんだけど、強さがあるの。とにかく気持ちいい人。」とインタビューで答えています。

②トム・ホランドのスタント・アクションスキルの秘密とは?

スパイダーマン:ホームカミングのワンシーン

トム・ホランドはマーベルにスタントやバルクール(フランス発祥の移動術)をしているテープを送りました。トムは演技だけでなく、アスリートとしての技術も持ち合わせているのです。このスキルはウェスト・エンドのミュージカル「ビリー・エリオット」に出演しているときに身に着けたそうで、「あのミュージカルで受けたトレーニングは素晴らしいものだった。僕が持っている体操の技術は全てあのときにトレーニングを受けたものなんだ。今回この映画を撮っていて、なんらかの肉体的能力を使わなかった日は1日もなかったよ。」と語っています。
トム・ホランドが肉体的にできることを証明した後は、スタントチームは可能な限り役者本人がその技術を発揮するように計画していきました。トム・ホランドから動きの提案をすることも多く、スタント・コーディネーターたちもその提案を受け入れたそうです。

③スパイダーマン・スーツへのトム・ホランドの想い

スパイダーマン:ホームカミングのワンシーン

トム・ホランドはスパイダーマンスーツについて、「スパイダーマンのスーツを着ること、それは、僕の人生の中で一番クールな出来事だったよ。今になっても、あれは夢だったんじゃないかと思うくらいだ。あのスーツを着るときっていうのはすごく特別な瞬間で、特に小さい子供たちの前で彼らの目が輝くのを見ると、人々にこんな幸せをもたらすことができるなんて、なんて素晴らしく名誉なことなんだろう、と思うんだ。」と話しています。
製作のエイミー・パスカルは「トム・ホランドがスパイダーマンの衣装を着ると彼はあらゆる意味でスパイダーマンの性格になりきるの。彼の姿勢も歩き方も変わって、スーツがとても似合うのよ。」とスパイダーマンスーツとトム・ホランドの魅力について語っています。

④ジョン・ワッツ監督が驚いたトムの演技とは?

スパイダーマン:ホームカミングのワンシーン

ジョン・ワッツ監督が驚いたのは、トム・ホランドがチャーミングで才能豊かであるだけでなく、正確な演技のできる役者でもあるところだそう。「そんな20歳(※撮影当時)はどこにもいないよ。」と言っています。
演技をわずかに微調整して、トーンアップしたり、トーンダウンさせたりするのが本当にすごいそうで、監督は「精密機械を扱っていたようだった。監督としてはものすごく満足のゆく仕事ができるんだ。トム、今の興奮度合いを5%下げて、もう1回やってくれるかな。今の演技を反時計回りに20度ずらしてもらえるかな、って言うと「わかりました」って言って応えてくれるんだ。僕はカメラに複雑な動きをさせたり、長いトラッキングショットを撮ったりするのが好きだから、こちらの望む演技をピタリと決めてくれる役者と仕事出来たのは夢のようだった。すごく楽に仕事をさせてもらったよ。」とインタビューで語っています。

いかがでしたか?トム・ホランド演じるピーター・パーカーが軽快に活躍する「スパイダーマン:ホームカミング」!彼の魅力が詰まった作品を是非お楽しみください。7月5日(金)よる9時から地上波初放送です。

オススメコンテンツ

P R

番組最新情報はコチラ