ニュース&コラム

放送作品
2019.6.19

ジャスティン・ビーバー、レディー・ガガが登場する抱腹絶倒SFアクション・コメディー「メン・イン・ブラック3」!みたことある人もない人ももっと楽しめるみどころ・裏話をご紹介!

今週6/21(金)は社会現象を巻き起こした大ヒットSFアクション・コメディーの第3弾「メン・イン・ブラック3」を放送します。
実写版「アラジン」で新たな魅力を炸裂させているウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの絶妙なやりとりと、そして若きKを演じるジョシュ・ブローリンとウィル・スミスの息ぴったりの演技に大注目!
メン・イン・ブラックシリーズをみたことのない人でも必ず楽しめる!本作のみどころ・裏話をご紹介します!

①「メン・イン・ブラック」シリーズとは?

メン・イン・ブラック3のワンシーン

全身黒ずくめにサングラスのビジュアルを誰もが一度はみたことがあるはず!
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、実写版「アラジン」で魅力炸裂中のウィル・スミス、CM出演ですっかりおなじみとなったいぶし銀トミー・リー・ジョーンズが贈る抱腹絶倒のSFアクション・コメディー!!
ノリは軽いがヤル時はヤル”J”(ウィル・スミス)と、彼をスカウトしたベテラン”K”(トミー・リー・ジョーンズ)がコンビを組み、全宇宙の秩序と平和を守るため、人類に紛れて地球に滞在するエイリアンの犯罪を取り締まり、事件の目撃者の記憶を”ピカッ”と光るガジェット“ニューラライザー”で跡形もなく消去する超極秘機関“MIB”。 今回放送の「メン・イン・ブラック3」は、そんなエンターテインメント超大作の第3弾!悪知恵が働く傍若無人の大悪党ボリスが、月面の刑務所を脱獄したところからストーリーは始まり、ある日、Kが突然姿を消してしまう。その日からエイリアンが大量に襲来し大ピンチに!謎を明かすためJは40年前のニューヨークにタイムスリップし、そこで若き日のKに出会う…!
果たして元の世界に戻り、地球の危機を救うことは出来るのか!?テンポの良い軽快なノリと、タイムスリップという新機軸で、目が離せないスリリングな作品をお楽しみに!

②レディー・ガガ、ジャスティン・ビーバーが登場?

メン・イン・ブラック3のワンシーン

メン・イン・ブラックシリーズに欠かせない様々な大スターの「カメオ出演」は本シリーズの見どころのひとつ!
1作目「メン・イン・ブラック」では、マイケル・ジャクソン、シルベスタ・スタローン、スティーヴン・スピルバーグが出演しています。さらに、2作目の「メン・イン・ブラック2」では1作目に引き続きマイケル・ジャクソン、本作でも監督を務めたバリー・ソネンフェルド監督、特殊メイクのリック・ベイカー、おまけにウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが出演しました。
今週放送の「メン・イン・ブラック3」ではレディー・ガガ、ジャスティン・ビーバーなど大スターが勢揃い!数々のスターが出演しているシーンをいくつ見つけられるか、探しながらみるのも面白いですよ!

③本作だからこそ観られるガジェット”ニューラライザー(記憶消滅装置)”の歴史

メン・イン・ブラック3のワンシーン

事件の目撃者の記憶を”ピカッ”と消去するガジェット”ニューラライザー”!
時代を遡る設定だからこそ、1969年のシーンではその初期の原型と言うべきバージョンを見ることができます。2012年版のニューラライザーはとてもおしゃれだが、1969年版のニューラライザーはMIB本部の部屋全体を占領してしまうくらいどデカく、真空管式のもの。
デザイナーのボー・ウェルチは「他のテクノロジーと同じように、2012年にはもっと小型でスマートになったけど、1969年版はまだまだ大型だし、不格好だった。1969年のシーンで我々がやろうとしたのは、とにかく物を大型にして、わずらわしくすることだった。だからこそ、そこが笑えると思うんだ!」と語っています。

④ジョシュ・ブローリン演じる若き日の”K”

メン・イン・ブラック3のワンシーン

1969年当時のエージェントKジョシュ・ブローリンが演じています。演技派のジョシュ・ブローリンはジョーンズの立ち振舞や特徴を取り入れながら、自分なりの個性を出すという一筋縄ではいかない見事な演技を披露しています。
バリー・ソネンフェルド監督は「撮影していく過程でどこまでがジョーンズで、どこまでがジョシュか見分けがつかないくらい演技が表裏一体となっていたんで、それが何よりすばらしかったね。僕からするとトミーが演じるKとか、ジョシュが演じるKとかではなくて、もうすべてがKだったよ!」と話しています。
プロデューサーのウォルター・バークスは「このかなり特殊な役をこなせる役者さんが見つからない限り、我々にはこの役をキャスティングすることができなかった。この役はジョシュ・ブローリンにやってもらう以外はない、これ以上にぴたっと来る人がいなかった。彼の演技はこの映画のみどころの一つだ。」とブローリンを絶賛。ジョシュ・ブローリン自身は一作目を45〜50回みたほどの大ファンだったようで、オファーがあった時のことを「宝くじにあたったようなもんだよ、例のスーツを着た時はほんとありえない。まるでスーパーマンになったみたいな気分だったよ。」と語っています。
若き日のKを演じるジョシュ・ブローリンの演技、ウィル・スミスとの息ぴったりの演技に注目ですね!

⑤オスカーに7回輝いたリック・ベイカーが手がける個性的なエイリアン

メン・イン・ブラック3のワンシーン

エイリアンをデザインしたリック・ベイカーオスカーに7回輝いていて、マイケル・ジャクソンのミュージックビデオ「スリラー」(1983年)の特殊メイクを担当したことでも知られています。ベイカーはシリーズ1作目からエイリアンのデザインを担当しており、本シリーズではどうしてもさまざまな形のデザインを要求されるため、特にやりがいがあるのだそう!この映画のエイリアンは100近く作り、それぞれのエイリアンにそれぞれのストーリーを作ったそうで、ベイカーは「今までどこかで見たことがあるような、それでいて進化しているみたいな、50年代、60年代のモンスター映画を作った人たちがたまたま本物のエイリアンを観たような、それでいて彼らのモンスターを思わせるような感じを想像してほしい。」と製作陣に提案しました。
ベイカーは「エイリアンを四六時中ヌッと現すだけでなく、MIBの本部で誰かの横をエイリアンがほんの2、3コマよぎって、4、5回見ないとはっきり分からないようにエイリアンを織り込むのが粋なやり方だと思う。」と語っています。そのため、意外なところや各シーンの端っこなどにエイリアンが出現しているかも?画面の隅々までしっかり観てみてくださいね!

いかがでしたか?突然姿を消したK…謎を追うJ…40年前にタイムスリップしたN.Y.で起きる大騒動!「メン・イン・ブラック3」は今週6月21日(金)よる9時から放送です。お見逃しなく!!!

オススメコンテンツ

P R

番組最新情報はコチラ