ニュース&コラム

放送作品
2019.6.6

ベルの美しいドレスはどのようにして作られた?野獣の撮影方法とは?2017年の映画興行収入ランキングで断トツ1位「美女と野獣」7つのトリビアをご紹介!

今週6/7(金)は永遠に語り継がれる“真実の愛”の物語「美女と野獣」がいよいよ地上波初放送です!
空前のスケールで実写映画化され、2017年の映画興行収入ランキングで断トツ1位に輝いた大ヒット作!美しい映像世界に、一度聴いたら忘れられない名曲の数々、ユニークなキャラクターなどディズニー映画の魅力がたっぷり詰まった名作中の名作。「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソンをはじめとする豪華実力派キャストが集結しました。
今回は本作をみたことある人も、まだみたことのない人も、より一層楽しめるトリビアをご紹介します。

①エマ・ワトソン以外に考えられなかったベル役

美女と野獣のワンシーン

最初に決定したキャストはベル役のエマ・ワトソンでした。
ビル・コンドン監督は王子様を見つけることだけに夢中になっていない、自ら何かを学ぶことに興味があるベルはエマ・ワトソン自身そのもので、ベルの概念を体現してきた俳優だと語っています。
また、エマ自身も4歳の頃から「美女と野獣」に夢中になり、ディズニーのヒロインの中で最もベルのことが好きで、最も自分に近い存在だと感じていたそう。
エマはベルを好きになった理由として「ベルの冒険心や少し反抗的とも言える部分が大好きだった。幸せにしてもらうために待っているだけの女の子ではなかった。」と話しており、コンドン監督たちと話し合いを重ね、自分らしく生きようとする現代の美しいベルを作り上げました。

②「美女と野獣」の歴史

美女と野獣のワンシーン

人々を魅了してやまない「美女と野獣」は18世紀のフランスでガブリエル=スザンヌ・バルボ・ド・ヴィルヌーヴによって誕生し、様々な解釈によって文学や映画、TVドラマ、バレエ、舞台などの作品となって感動を生み出しました。
そして、決定的な作品となったのが1991年に作られたディズニーのアニメーション映画「美女と野獣」です。この名作はアニメーションとして初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされたほか、アカデミー賞オリジナル作曲賞と主題歌賞の2部門を受賞しました。
その後25年を経て、映像のテクノロジーの進化が実写化プロジェクトを後押しし、成功へと導いたのです。

③野獣の撮影は全てのシーンで2回行われた

美女と野獣のワンシーン

今回の撮影で野獣役のダン・スティーヴンスは全てのシーンを、顔から上、顔から下、と分けて、2回演じたそう!
最初は竹馬のようなものに乗り、CGで筋肉をあとから付けるためのボディスーツを来た状態で、顔に数個のドットをつけて演じました。その2週間後、顔にUVペイントを塗り、1万個のドットをつけて27個のカメラがあるブースに入り、顔の表情だけを撮り直しました。この撮影方法とダン・スティーヴンスの演技によってまるで本当にいるかのようなリアルな野獣ができたのです。

④ベルの美しいドレス

美女と野獣のワンシーン

ベルがボールルームで野獣と踊るときに着ている美しい黄色いドレス。デザインしたのはオスカー受賞者の衣装デザイナーのジャクリーヌ・デュランです。
初めからアニメーションへのオマージュとして決まっており、エマ・ワトソンと意見を交わし、試作を重ね、踊ったときに最も美しく見えるドレスを目指したそう。羽根のように軽いサテンのオーガンザを黄色く染めたものを55mも使用して何層にも重ねてカットし、約914mの縫い糸を使用。さらに、ドレスの表側2層には金の葉の繊細優美な飾りがプリントされ、2,160個のスワロフスキーが施されました。
自ら輝くベルにふさわしい太陽の色をした素敵なドレスで踊る姿を、是非放送でチェックしてみてくださいね!

⑤スペクタクルを作り出す大規模な魅惑のセット

美女と野獣のワンシーン

本作はロンドン郊外のシェパートン撮影所やイギリスのロケ地数箇所で撮影が行われ、セットの数は27にものぼったそう!
時代の枠を超越したヨーロッパの雰囲気を目指し、巨大なセットの数々を建てて装飾するために、1000人を超えるスタッフが働き、膨大な手作業に芸術的手腕が発揮されました。
その中でも最大のセットはシェパートン撮影所も屋外に建てられた、ベルと父が暮らす村。このセットにはベルの家、校舎、婦人服店、酒場、教会、広場などが並び、ディティールに富んだ装飾がなされました。
村に次ぐ巨大なセットとなったのは、映画のハイライトシーンの舞台でもある城のボールルームです。人工大理石のフロアは約1,200平方メートル。天井にはベルサイユのデザインを元にした10点の豪華なシャンデリア(各々約4m×2m)が輝きました。ベルと野獣が踊るシーンではふたりを流れるように撮りながら天井まで上昇するという、アニメーション版の象徴的なカメラワークが用いられています。

⑥ディズニーに欠かせない作曲家 アラン・メンケン

美女と野獣のワンシーン

本作音楽を手がけているアラン・メンケンさん。
アニメーション版「美女と野獣」に加えて、「リトル・マーメイド」、「アラジン」、「ポカホンタス」でアカデミー賞歌曲賞、作曲賞に輝き、存命の個人としてはもっとも多い8回のオスカー歴を誇る人物です。類まれなメロディセンス、人々の心に強く訴えかけ、音楽でストーリーを雄弁に語ることのできるメンケンさんは、今やディズニーに欠かせない作曲家です。
また、メンケンさんは最新作実写版「アラジン」の音楽を担当しています。

⑦アニメーション版との違い

美女と野獣のワンシーン

本作のベルは乗馬をし、庭で仕事をします。ぬかるみの中で白馬に乗って森の中を走り抜けて城まで行くため、バレエシューズでは無理があると考え、しっかりとしたブーツを履いています。
野獣は、オリジナルの映画では教養もなく、文字も読めませんでしたが、本作は違います。なぜ彼がうぬぼれ心が強くわがままな人間になってしまったのか、なぜ呪いをかけられてしまったのか、という背景を少し加えてキャラクターを発展させていったことで、実写という現実的な設定により合う野獣が出来上がったそうです。
その野獣がベルと出会い、大事なことに気づいて変化していくところも本作のみどころです。

いかがでしたか?ディズニー不朽の名作を完全実写化!エマ・ワトソン主演の超話題作「美女と野獣」は6/7(金)よる9時から地上波初放送です!
是非テレビの前でチェックしてみてください。

オススメコンテンツ

P R

番組最新情報はコチラ